コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アセチルサリチル酸 アセチルサリチルサン

百科事典マイペディアの解説

アセチルサリチル酸【アセチルサリチルさん】

アスピリン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

アセチルサリチル酸

 C9H8O4 (mw180.16).

 アスピリンともいう.解熱剤抗炎症剤として広く用いられている薬品で,プロスタグランジン生合成経路の酵素であるシクロオキシゲナーゼをアセチル化して活性を失わせる作用(シクロオキシゲナーゼ阻害剤としての作用)があり,薬効はこれによるとされている.血小板凝集阻害作用もあり,血栓生成阻止の目的にも使われる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

アセチルサリチル酸

薬に含まれる成分のひとつ。鎮痛・解熱作用があり、かぜ薬、鎮痛薬などに含有。ドイツバイエル社の商標「アスピリン」が知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

アセチルサリチルさん【アセチルサリチル酸】

サリチル酸を無水酢酸でアセチル化して得られる白色針状結晶。化学式 C6H4(OCOCH3)(COOH) 水に難溶。解熱・鎮痛・抗炎症薬として用いられるが、胃障害や小児アレルギー症をおこすことがある。アスピリン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のアセチルサリチル酸の言及

【アスピリン】より

アセチルサリチル酸の別名で,サリチル酸の酢酸エステル。1899年ドレーザーDreserによって導入された古い医薬であるが,今日でも緩和な作用ながら抗炎症・解熱・鎮痛などの作用にもとづいて広く使用されている。…

【サリチル酸】より

…たとえば,メチルエステルであるサリチル酸メチルmethyl salicylate(融点-0.8℃,沸点223.3℃)は,歯磨きやガム,アイスクリームなど食品用フレーバーとしてのほか,皮膚を刺激することにより逆に深部組織の炎症を和らげる目的で,消炎剤(サロメチールはこの商品名)として用いられる。また,無水酢酸を用いてアセチル化して得られるアセチルサリチル酸acetylsalicylic acid(白色の結晶,融点135℃)は,解熱鎮痛剤(アスピリンはこのドイツのバイエル社の商品名)として著名である。【村井 真二】【鶴藤 丞】。…

※「アセチルサリチル酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アセチルサリチル酸の関連キーワードアスコルビン酸DJEMMADNAアミノ酸オキシダーゼオキソ酸ケト酸ナパーム弾ニトリル酸性雨バイオディーゼル

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アセチルサリチル酸の関連情報