グロース(読み)ぐろーす(英語表記)Troy Edward Glaus

日本大百科全書(ニッポニカ)「グロース」の解説

グロース
ぐろーす
Troy Edward Glaus
(1976― )

アメリカのプロ野球選手(右投右打)。大リーグ(メジャー・リーグ)のアナハイム・エンゼルス(現ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム)、アリゾナ・ダイヤモンドバックストロント・ブルージェイズで三塁手としてプレー。野球殿堂入りを果たしている元フィラデルフィア・フィリーズのマイク・シュミット以来の強打の三塁手として期待された選手である。

 8月3日、カリフォルニア州ニューポート・ビーチで生まれる。カリフォルニア大学ロサンゼルス校時代にはリーグ最多記録となる34本のホームランを放ち、注目を集めた。また1996年のオリンピック・アトランタ大会にアメリカ代表として出場し、4本のホームランを放ち、銅メダル獲得に貢献した。1997年、ドラフト1巡目(全体3番目)指名を受けてエンゼルスに入団、98年にマイナー・リーグのAA級とAAA級を次々にクリアして大リーグにデビューした。1999年は開幕からレギュラーに定着、打率2割4分と低かったが、ホームラン29本を打って、才能の片鱗(へんりん)をみせた。2000年は47本で本塁打王となり、01年も41本を打ったが、02年は30本にとどまった。しかしこの年は2試合にまたがっての4打数連続本塁打を記録、またワールド・シリーズで打率3割8分5厘、ホームラン3本、打点8と猛打を振るってシリーズ最優秀選手(MVP)に輝いた。2003年、04年は故障などでホームランが10本台に大きく落ち込んだ。2005年はFA(フリーエージェント)で移籍したダイヤモンドバックスでチームトップの37ホームラン、97打点を記録して復活したが、シーズン後に交換トレードでブルージェイズに移籍した。2006年は134三振を喫したものの、四番打者としてチーム最多のホームラン38本を放つ活躍をみせた。

[出村義和]

2007年以降

2007年は故障のために出場は115試合。ホームランこそ20本を打って自身7回目となる本塁打20本以上を記録したが、打率は2割6分2厘、打点も62にとどまった。2008年からはセントルイス・カージナルスでプレー。

 2007年までの通算成績は、出場試合1244、安打1124、打率2割5分4厘、本塁打277、打点778。獲得したおもなタイトルは、本塁打王1回。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「グロース」の解説

グロース
Groos, Karl

[生]1861.12.10. ハイデルベルク
[]1946.5.27. テュービンゲン
ドイツの美学者,哲学者。 1892年ギーセン大学助教授。 98年バーゼル,1901年ギーセン,11~29年テュービンゲン各大学教授。感情移入の美学の立場から,「内的模倣」 innere Nachahmungという概念で美的享受体験を考察した。また彼は生物学的進化論の立場から芸術の発生論的研究を試み,遊戯性に芸術の起源を認めた。主著"Einleitung in die Ästhetik" (1892) ,"Die Spiele der Tiere" (96) ,"Die Spiele der Menschen" (99) ,"Der ästhetische Genuss" (1902) ,"Beiträge zur Ästhetik" (24) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版「グロース」の解説

グロース
グロース
gulose

C6H12O6(180.16).アルドヘキソースの一種.D-およびL-グロースとも非天然産であり,前者は,D-キシロースからシアンヒドリン法によりエピマーであるD-イドースとともに組み上げられ,後者D-グルクロン酸からL-グロン酸を経て合成される.水中での組成は,α-ピラノース16%,β-ピラノース81%,β-フラノース3% となる.シロップ状.水に可溶.甘味がある.D-グロースは-20.4°(水).非発酵性.還元糖としての一般的性質を示す.[CAS 19163-87-2][CAS 4205-23-6:D-体][CAS 6027-89-0:L-体]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

栄養・生化学辞典「グロース」の解説

グロース

 C6H12O6 (mw180.16).

 アルドヘキソースの一つ.酸化された形のグルロン酸は,アルギン酸の成分.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

367日誕生日大事典「グロース」の解説

グロース

生年月日:1861年12月10日
ドイツの美学者,哲学者
1946年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典 第2版「グロース」の解説

グロース【Karl Groos】

1861‐1946
ドイツの心理学的美学者。バーゼル,ギーセン,チュービンゲン各大学の教授をつとめた。感情移入について現実感情説をとり,心理学的生物進化論の立場から美の発生論的研究に向かって,遊戯性に美的享受の起源をみとめ,この享受体験の核心を〈内的模倣〉の概念で規定した。著作には《美学入門》(1892),《人間の遊戯》(1899),《美的享受》(1902),《遊戯》(1922),《美学への寄与》第1巻(1924)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉「グロース」の解説

グロース(grouse)

《「グラウス」とも》雷鳥らいちょう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のグロースの言及

【遊戯】より

…その際,遊戯現象をそこに還元して合理的説明をするのに用いられたのは,当時おこりつつあった心理学(生理学的心理学)であった。この新しい系統は,H.スペンサー(《心理学原理》)が予見し,K.グロース(《人間の遊戯》)が発展させた〈子どもの遊戯の生活準備説〉を初期の重要な成果とし,さらにG.S.ホール(《青年期の研究》)の〈先祖返り説〉をステップに,20世紀前半にはJ.ピアジェに到達点をみる〈個体における遊戯の発達段階〉研究の道を開いた。さらに20世紀後半には,遊戯の社会化・文化化(広義の教育)機能がサットン・スミスB.Sutton‐SmithやアンダーソンW.W.Andersonなど心理人類学者によって,実証的に論じられるようになる。…

※「グロース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android