コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーラスライン A Chorus Line

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーラスライン
A Chorus Line

アメリカのミュージカル。初演 1975年。制作 J.パップ,原案・振付・演出 M.ベネット,作曲 M.ハムリッシュ。ミュージカルのオーディションを舞台に,そこに集まる若者たちの姿を美しいメロディとリズム感あふれる踊りで描き出す。 76年トニー賞受賞。 83年にはブロードウェーの最長ロングラン記録を塗替え,世界各地で上演され,映画化もされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コーラス‐ライン(chorus line)

ミュージカルの舞台を横切る1本の白線前縁から3メートルの所にあり、主役級以外の出演者はこれより前に出られない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

コーラスライン

1975年初演のミュージカル。原題《A Chorus Line》。脚本:ジェームズ・カークウッド、作曲:マーヴィン・ハムリッシュ、作詞:エドワード・クレバン。ミュージカルのオーディションを舞台に、夢を目指す若者たちの生き様を描いた作品。ブロードウェイ屈指の人気作として知られ、日本でも劇団四季により上演されている。1976年に第30回トニー賞(ミュージカル作品賞)、ピューリッツァー賞戯曲部門、第1回ローレンス・オリヴィエ賞(新作ミュージカル賞)を受賞。1985年に映画化された。

コーラスライン

1985年製作のアメリカ映画。原題《A Chorus Line》。同名ミュージカルの映画化。監督:リチャード・アッテンボロー、出演:マイケル・ダグラス、アリソン・リード、テレンス・マンほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

コーラスライン【chorus line】

ミュージカルなどの舞台で、主要な出演者以外が前に出てはならないという、目印として引かれた線。
(ミュージカルなどの歌手やダンサーをサポートする)コーラス隊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

コーラスラインの関連キーワードリチャード アッテンボロー愛した日々に悔いはないドルアリー・レーン劇場マイケル ダグラスアン ラインキングジョセフ パップなかしまみゆき高谷あゆみ服部 良子志村 幸美藤原 釜足前田美波里デービスダンサー加藤大祐清水真生福間美里ロイワン

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コーラスラインの関連情報