コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コールブルック コールブルック Colebrooke, Henry Thomas

2件 の用語解説(コールブルックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コールブルック
コールブルック
Colebrooke, Henry Thomas

[生]1765.6.15. ロンドン
[没]1837.3.10. ロンドン
イギリスインド学者。銀行家として早くからインド事業に関係。インド滞在中,サンスクリット語を習得。帰国後ベーダ学をはじめとするインド学全般にわたって研究。主著『ベーダ-ヒンドゥー教の聖典論』 Essay on the Vedas or Sacred Writings of the Hindus (1805) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コールブルック【Henry Thomas Colebrooke】

1765‐1837
イギリス生れのインド学の先駆者。東インド会社社長の父のもとで早くからインドでの事業に参画する一方,サンスクリットを修めてインドの社会,法律,思想,文化を研究した。ベーダ学,サンスクリット文法,インド古代法,インド哲学天文学,数学,植物学等さまざまな分野に先駆的業績を残す。カルカッタの控訴院判事,フォートウィリアムカレッジ名誉教授等を歴任。主著に《サンスクリット文法》(1805),《インド哲学試論》(1833‐37)等がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のコールブルックの言及

【インド学】より

…ジョーンズとウィルキンズはインド学の父といわれることがある。その後,コールブルックH.T.Colebrooke(1765‐1837)はジョーンズの事業を継承・発展させ,法典,宗教,文法学,数学など多方面に精通し,とくにインド言語学・考古学の基礎を築いた。 ヨーロッパで最初にサンスクリットを教えたのは,ベンガル・アジア協会設立に関与したハミルトンA.Hamilton(1762‐1824)で,95年,フランスの東洋語学校においてであった。…

【インド学】より

…ジョーンズとウィルキンズはインド学の父といわれることがある。その後,コールブルックH.T.Colebrooke(1765‐1837)はジョーンズの事業を継承・発展させ,法典,宗教,文法学,数学など多方面に精通し,とくにインド言語学・考古学の基礎を築いた。 ヨーロッパで最初にサンスクリットを教えたのは,ベンガル・アジア協会設立に関与したハミルトンA.Hamilton(1762‐1824)で,95年,フランスの東洋語学校においてであった。…

※「コールブルック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コールブルックの関連キーワードイギリス東インド会社インド省インド帝国インド統治法クライブシパーヒー東インド会社プラッシーの戦い東インドカインド・ハート

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コールブルックの関連情報