コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーン滝(読み)コーンたき(英語表記)Khone Falls

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーン滝
コーンたき
Khone Falls

メコン川にかかるアジア最大の滝。フランス語では Chutes De Khone。ラオスのパークセー南方約 100km,カンボジアとの国境近くにある。滝は川が河水による侵食を受けにくい玄武岩を流下するところに生じたもので,間に小さな島をはさんで大小 2本に分岐する。落差は 14mであるが,1秒間あたりの最大落下水量は 950万m3ナイアガラ瀑布のほぼ 2倍で,ブラジルとパラグアイの国境にあるセテケダス滝に次ぐ。メコン川の航行はこの滝によって阻まれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コーンたき【コーン滝 Khone Falls】

ラオス南部,カンボジアとの国境にあるメコン川中流域の大瀑布。メコン川はこの付近で微高地の河谷を川幅を広げて流れ,黄濁した河流の中に多くの小島や岩礁を残し,いくつもの小滝や急流,浅瀬をつくっている。コーン滝付近に至ると川幅が狭くなり,急流がところどころの大岩礁にぶつかって水しぶきをあげながら,1.5kmの川幅のまま高さ20~25mを落下する。メコン川を遡航して雲南に至る交易路を開こうとしたフランス海軍のド・ラグレとガルニエの率いるメコン川探検隊は,1866年9月,コーン滝で一時立往生した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android