コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーン滝 コーンたき Khone Falls

2件 の用語解説(コーン滝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーン滝
コーンたき
Khone Falls

メコン川にかかるアジア最大の滝。フランス語では Chutes De Khone。ラオスパークセー南方約 100km,カンボジアとの国境近くにある。滝は川が河水による侵食を受けにくい玄武岩を流下するところに生じたもので,間に小さな島をはさんで大小 2本に分岐する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コーンたき【コーン滝 Khone Falls】

ラオス南部,カンボジアとの国境にあるメコン川中流域の大瀑布。メコン川はこの付近で微高地の河谷を川幅を広げて流れ,黄濁した河流の中に多くの小島や岩礁を残し,いくつもの小滝や急流,浅瀬をつくっている。コーン滝付近に至ると川幅が狭くなり,急流がところどころの大岩礁にぶつかって水しぶきをあげながら,1.5kmの川幅のまま高さ20~25mを落下する。メコン川を遡航して雲南に至る交易路を開こうとしたフランス海軍のド・ラグレとガルニエの率いるメコン川探検隊は,1866年9月,コーン滝で一時立往生した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コーン滝の関連キーワードカンボジアカンボジア語民主カンボジアメコン川ラオスメコン地域プレアビヒア寺院メコン[川]タイ・カンボジア衝突フークオック[島]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone