コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴア復帰問題 ゴアふっきもんだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴア復帰問題
ゴアふっきもんだい

ポルトガルとインド間の領土問題。ボンベイの南南東約 400kmにありアラビア海に面する良港をもつゴアは,1510年以来ダマンディウ両地域とともにインドにおけるポルトガル植民地であった。インドは 1947年の独立以来一貫してそれら地域の回復を主張。第2次世界大戦後のナショナリズムの高揚を背景に,1949~54年の交渉でインド領内のフランス植民地が返還されるにいたって,1955年インドの全政党を含むゴア解放委員会が結成され,ゴア併合運動を推進。同 1955年にはインドから非暴力の抵抗者がゴアに侵入したがすぐに追放された。その後再び多数の抵抗者が国境を越えようとしたため,ポルトガル側と衝突して死傷者を出し,1955年8月 18日ついに国交断絶。インドは 1961年 12月ゴアの武力攻略に踏み切り,1962年3月正式にインド領とした。 (→ゴア州 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android