コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中外商業新報 ちゅうがいしょうぎょうしんぽう

3件 の用語解説(中外商業新報の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中外商業新報
ちゅうがいしょうぎょうしんぽう

日本経済新聞』の前身。 1876年 12月三井物産の益田孝らが週刊で創刊したタブロイド4ページの『中外物価新報』が,85年7月から日刊となり,89年1月に改題したもの。 1911年8月資本金 10万円で日本の新聞社最初の株式会社となり,20年7月一挙に 100万円に増資した。 24年 12月『大阪中外商業新報』をも創刊。 42年 11月新聞事業令により『日刊工業新聞』『経済時事新報』の2紙を合併して『日本産業経済』と改題,『大阪中外商業新報』は廃刊した。 46年3月『日本経済新聞』と改題。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

中外商業新報【ちゅうがいしょうぎょうしんぽう】

日本経済新聞》の前身。1876年12月に三井物産の益田孝が創刊した週刊タブロイド版の《中外物価新報》が起源。1882年には三井物産の手を離れ,1885年から日刊,1889年1月に《中外商業新報》に改称。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中外商業新報
ちゅうがいしょうぎょうしんぽう

第二次世界大戦前、東京で発行されていた経済紙で『日本経済新聞』の前身。1876年(明治9)12月2日、三井物産の益田孝(たかし)によって創刊された週刊『中外物価新報』が起源で、82年7月、三井物産から分かれ(週3回刊)、85年7月、日刊となり、89年1月27日『中外商業新報』と改題した。経済、財政を中心に政治その他内外の情勢の報道にあたったが、日清(にっしん)戦争後の企業勃興(ぼっこう)期ごろから紙面も充実、わが国財界の発展とともに社業も発展した。1924年(大正13)12月『大阪中外商業新報』を創刊して関西にも進出したが、42年(昭和17)11月、戦時統合で東京の業界紙を吸収、『日本産業経済』と改題、東日本唯一の経済新聞となる。[春原昭彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

中外商業新報の関連キーワード秋月の乱スラブ音楽ロダン今村百八郎太田黒伴雄フェルサイト片岩熔岩リットン報告書大田黒伴雄神風連の乱

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone