コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴッチェ Gottsche, Carl Christian

2件 の用語解説(ゴッチェの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ゴッチェ Gottsche, Carl Christian

1855-1909 ドイツの地質学者。
1855年3月1日生まれ。明治15年(1882)来日し,東京大学で地質学や古生物学をおしえた。17年帰国。帰国時に朝鮮半島地質調査をおこなった。1909年10月11日死去。54歳。ハンブルク出身。ビュルツブルク大卒,ミュンヘン大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ゴッチェ

没年:1909.10.11(1909.10.11)
生年:1855.3.1
明治期に来日したお雇い外国人ドイツ人地質学者。ハンブルクに生まれ,ビュルツブルク大学,ミュンヘン大学で学ぶ。来日は明治14(1881)年,翌年東大理学部で地質学,金石学,古生物学の講義を始める。17年に帰国,小藤文治郎がこの講義を代わって担当することになるが,帰国後ヨーロッパにおいて,日本の地質学的な知見を発表し,紹介した。

(村上陽一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴッチェの関連キーワードアビーフォックライマンヒルハウスブラウンスウェルニヒジュウェットショイベハイトケンペルリッテル

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone