コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴッチェ Gottsche, Carl Christian

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ゴッチェ Gottsche, Carl Christian

1855-1909 ドイツの地質学者。
1855年3月1日生まれ。明治15年(1882)来日し,東京大学で地質学や古生物学をおしえた。17年帰国。帰国時に朝鮮半島の地質調査をおこなった。1909年10月11日死去。54歳。ハンブルク出身。ビュルツブルク大卒,ミュンヘン大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

ゴッチェ

没年:1909.10.11(1909.10.11)
生年:1855.3.1
明治期に来日したお雇い外国人。ドイツ人地質学者。ハンブルクに生まれ,ビュルツブルク大学,ミュンヘン大学で学ぶ。来日は明治14(1881)年,翌年東大理学部で地質学,金石学,古生物学の講義を始める。17年に帰国,小藤文治郎がこの講義を代わって担当することになるが,帰国後ヨーロッパにおいて,日本の地質学的な知見を発表し,紹介した。

(村上陽一郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

ゴッチェの関連キーワード洛東植物群没年

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android