ゴメス・パロミノ(読み)Go´mez Palomino,Luis

朝日日本歴史人物事典の解説

ゴメス・パロミノ

没年:寛永11.5.11(1634.6.6)
生年:生年不詳
スペイン人フランシスコ会士。殉教者。アンダルシア地方アンドゥハル生まれ。1594年フィリピンに渡った。慶長3(1598)年ジェロニモ・デ・ジェズースに同行して来日したが,数カ月後マニラに追放された。同6年再度来日し,京都に派遣され,以後30年以上にわたり迫害下で本州中部の布教のために働くことになる。同15年京都の聖フランシスコ修道院長に就任した。同19年追放令で長崎に赴いたが,潜伏し,畿内で活動を続けた。寛永10(1633)年捕らえられ,長崎に送られ,次いで大村の牢に投ぜられた。その後,江戸に移され,逆さ吊しの刑に処せられた。<参考文献>T.オイテンブルク著,石井健吾訳『十六~十七世紀の日本におけるフランシスコ会士たち』

(野間一正)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android