コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴモラ ゴモラGomorrah

翻訳|Gomorrah

6件 の用語解説(ゴモラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゴモラ(Gomorrah)

古代パレスチナの都市。繁栄をきわめたが、住民の罪悪によりソドムとともに神の下した天からの火によって滅ぼされたという(旧約聖書創世記」18・19章)。死海の南端に近く、現在は水中に没していると考えられている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ゴモラ

2008年製作のイタリア映画。原題《Gomorra》。原作はロベルト・サビアーノの「死都ゴモラ」。監督:マッテオ・ガローネ。同年カンヌ国際映画祭グランプリ受賞。

ゴモラ

円谷プロダクションによる特撮ドラマシリーズ「ウルトラシリーズ」に登場する怪獣。初登場作品は『ウルトラマン』。身長40メートル、体重2万トン。古代怪獣ゴモラザウルスの生き残り。大阪万博の展示のための移送中に暴れだす。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ゴモラ【Gomorrah】

旧約聖書創世記一八~一九章にある死海沿岸の町の名。住民の不道徳・不信仰のため(実際には神の使者を冷遇したため)、ソドムとともにヤハウェの神に滅ぼされたという。転じて、悪徳の町。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴモラ
ゴモラ

ソドムとゴモラ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のゴモラの言及

【ソドム】より

…ヨルダンの低地にあったが,その罪悪のために天から降る硫黄と火とで焼き滅ぼされたという(《創世記》19)。旧・新約聖書においてゴモラGomorrahと組み合わせられて,罪悪と神の処罰の見本としてしばしば引合いに出された。ソドミーsodomy(男色・獣姦)なる語もこの町の名に由来する。…

※「ゴモラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴモラの関連情報