ゴルゴ13

デジタル大辞泉プラスの解説

ゴルゴ13

1973年公開の日本映画。監督:佐藤純彌原作脚本:さいとうたかお、K・元美津、撮影:飯村雅彦。出演:高倉健、モセネ・ソーラビ、ジャレ・サム、プリ・バナイ、アレズゥ、ガダキチアン、ジャラルほか。凄腕スナイパー、デューク東郷を主人公とする同名の人気漫画を実写映画化。

ゴルゴ13(サーティーン)

さいとう・たかをによる漫画作品。高額褒賞を要求する超一流のスナイパー男の活躍と、その背景となる世界情勢を描く。『ビッグコミック』1969年1月号から連載開始。リイド社SPコミックス既刊165巻。第21回(1975年)小学館漫画賞 青年一般部門、第31回(2002年度)日本漫画家協会賞 大賞、第50回(2004年)小学館漫画賞 審査委員特別賞受賞。1973年と1977年に実写映画が、1983年に劇場用アニメが公開され、2008年~2009年にテレビ東京系列でアニメが放映された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ゴルゴ13

小学館の漫画誌「ビッグコミック」で1968年11月に始まった劇画。主人公「デューク東郷」ことゴルゴが、依頼を受け標的を暗殺する物語。任務遂行への姿勢や、名言が支持され、コミックなどの発行部数は2億部を突破。漫画の最長連載記録を更新している。

(2018-10-13 朝日新聞 夕刊 文化芸能)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ゴルゴ13 ゴルゴ サーティーン

さいとう・たかをの劇画「ゴルゴ13」の主人公。
日本人とおもわれる正体不明の国際的殺し屋で,射撃の名手別名にデューク東郷。作品は昭和44年から「ビッグコミック」に連載され,話題をよぶ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴルゴ13の関連情報