コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴルトツィーハー Goldziher Ignácz

世界大百科事典 第2版の解説

ゴルトツィーハー【Goldziher Ignácz】

1850‐1921
ハンガリーのユダヤ系イスラム学者。1872年以後ブダペスト大学でアラビア語,イスラム学を教え,ドイツ語で多数の著作を刊行した。イスラム法学・神学を深く究め,とくに今日消滅したイスラム法学派の一つを研究した《ザーヒル派,その教義と歴史》(1884)が著名。ほかに《イスラム研究》2巻(1889,90),《イスラム講義》(1910),《アラビア言語学論集》2巻(1896,99)などがある。【矢島 文夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ゴルトツィーハーの関連キーワード6月22日マワーリー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android