ゴロビン(英語表記)Aleksandr Yakovlevich Golovin

世界大百科事典 第2版の解説

ゴロビン【Aleksandr Yakovlevich Golovin】

1863‐1930
ロシア舞台美術の巨匠。《芸術世界》派の一人。メイエルホリド演出の《ドン・ジュアン》(1910),《仮面舞踏会》(1917)における張出し舞台や黒子使用の斬新さ,絵画的装飾性が特に有名。装置,衣装,大小道具を担当し,舞台上の調和を図ったロシア最初の画家でもある。革命後の著名な仕事にモスクワ芸術座《フィガロの結婚》(1927)その他がある。肖像画も多い。【佐藤 恭子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android