ゴンベ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴンベ
ごんべ / 権兵衛
hawkfish

硬骨魚綱スズキ目ゴンベ科の海水魚の総称。太平洋からインド洋の暖海水深30メートル以浅に生息し、日本では中部以南からウイゴンベイソゴンベオキゴンベクダゴンベメガネゴンベなど14種が知られている。全長30センチメートルを超えるものもあるが、多くは10センチメートル前後の小魚である。体は側扁(そくへん)し、口が小さくて多少とがるが、クダゴンベでは管状に伸びる。第1背びれには10本の棘(とげ)があり、その先端に1本から数本の糸状皮弁があるものが多い。胸びれ軟条のうち、下部の数本が長くて肥厚するのが著しい特徴である。普通、岩礁やサンゴ礁の底にすみ、肥厚した胸びれ鰭条(きじょう)で体を支える。小さな種類は岩場の割れ目やサンゴ類、ヤギ類の群体の間にすむが、波の荒いサンゴ礁の外縁部に生息するものもある。肉食性。食用としてはほとんど利用しないが、背びれの皮弁が美しく、観賞魚として人気が高い。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴンベの関連情報