コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイゴン大教会 サイゴンだいきょうかい

世界の観光地名がわかる事典の解説

サイゴンだいきょうかい【サイゴン大教会】

ベトナム南部のホーチミン市(かつての南ベトナムの首都サイゴン)の市内(1区)、土産物店が並ぶドンコイ通りにある、カトリックの大司教座大聖堂。ベトナムがフランスの植民地だった1863年から1880年にかけて建設されたネオゴシック様式の聖堂である。◇「聖マリア大聖堂」とも呼ばれる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サイゴン‐だいきょうかい〔‐ダイケウクワイ〕【サイゴン大教会】

Nha Tho Duc Ba Sai Gon》ベトナム南部の都市ホーチミンの市街中心部にあるローマカトリックの教会。フランス統治時代の1880年にネオゴシック様式で建造。1895年に高さ57メートルの二つの尖塔を増築。いずれも、フランスから赤煉瓦などのすべての建築資材を運んで造られた。ホーチミンを代表する歴史的建造物として知られる。サイゴン大聖堂。聖母マリア大聖堂。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android