サイディング・スプリング天文台(読み)さいでぃんぐすぷりんぐてんもんだい(英語表記)Siding Spring Observatory

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイディング・スプリング天文台
さいでぃんぐすぷりんぐてんもんだい
Siding Spring Observatory

オーストラリア東部の山岳地帯にある天文台。1964年設立。オーストラリアのストロムロ山天文台とイギリスの王立エジンバラ天文台が協力して、1974年に完成させた口径389センチメートルの反射望遠鏡がある。この望遠鏡は、チリのセロ・トロロ天文台の口径400センチメートルの反射望遠鏡とともに、南天に初めて設置された大望遠鏡であり、南天でのみ観測可能な天体の観測に偉力を発揮している。1984年5月には口径230センチメートルの経緯儀式架台をもつ望遠鏡が設置された。[磯部三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android