コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サクライソウ Petrosavia sakuraii (Makino) J.J.Smith(=Protolirion sakuraii (Makino) Dandy)

世界大百科事典 第2版の解説

サクライソウ【Petrosavia sakuraii (Makino) J.J.Smith(=Protolirion sakuraii (Makino) Dandy)】

暗い樹林の下にまれにはえるユリ科の多年草で,葉緑体を欠く腐生植物(イラスト)。地中に短い根茎があり,多数の根を出す。根の皮層の中には共生菌の菌糸が入っている。菌が地中の腐葉などを分解し,栄養を供給する。7月ころに高さ10~20cmになる数本の直立する花茎を出す。花茎には鱗片状の葉が互生する。葉は長さ2~5mm,淡黄色で光合成をしない。茎頂に総状花序をつける。花被片は淡黄色で,3枚ずつが2輪につく。内片は長さ約1.5mm,外片はやや短い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

サクライソウの関連キーワード可児市

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android