コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サスカチュワン州 サスカチュワンSaskatchewan

翻訳|Saskatchewan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サスカチュワン〔州〕
サスカチュワン
Saskatchewan

カナダ中部の州。東はマニトバ州,西はアルバータ州,北はノースウェスト准州,南はアメリカ合衆国に境を接する。州都はリジャイナ。北部は湖沼の多い針葉樹林地帯であるが,南部はいわゆるカナダプレーリー地帯で世界最大の穀物産地として知られる。気候は大陸性で,寒暖の差が激しく,西風が強い。白人の居住は 1774年,毛皮交易を行なっていたハドソン湾会社の S.ハーンサスカチュワン川下流に居住地を開いたのが最初で,1869年カナダ領となり,1905年州となった。農業が主産業で第2次世界大戦までは全産業の 80%を占めたが,戦後は石油,天然ガスカリウムウラン硫酸ナトリウムなどの鉱業が急速に発展した。おもな農産物はカナダ第1位を占めるコムギのほかエンバクオオムギライムギなどの穀類で,西部のロッキー山系斜面ではウマ,ウシ,ヒツジなどの牧畜も行われている。北部の湖沼地帯では漁業,ミンクの飼育などが行われているほか,森と湖に恵まれた美しい風景と釣りなどを対象とする観光,レジャー産業も近年脚光を浴びている。主要都市はリジャイナのほかサスカトゥーン,ムースジョー,プリンスアルバートなど。面積 65万 2330km2。人口 98万 8928 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サスカチュワン(Saskatchewan)

カナダ中南部の州。州都リジャイナ。小麦の大産地。州内をサスカチュワン川が東流する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サスカチュワン州の関連情報