コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サッラール朝 サッラールちょうSallārids; Musāfirids; Sālāriyān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サッラール朝
サッラールちょう
Sallārids; Musāfirids; Sālāriyān

10~11世紀イラン北部,ダイラムの地方王朝 (→ダイラム人 ) 。ムハンマド Muhammad b. Musāfir (在位?~941) がタールムのサミーラーン城を拠点に基礎を据えた。彼の死後同朝は2系統に分れ,北西イランに進出した系統はやがてラウワード朝に滅ぼされたが,タールムに残った系統は 10世紀末ブワイフ朝勢力を退けて南方のザンジャーン方面に進出。 11世紀初めガズニー朝の侵攻を受け,1042/3年以降はセルジューク朝の宗主権下に入った。 12世紀初め,アラムートのアサッシン派にサミーラーン城を破壊されて滅亡した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サッラール朝の関連キーワードシャッダード朝

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android