コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイラム Daylam

世界大百科事典 第2版の解説

ダイラム【Daylam】

カスピ海南西岸の山岳地帯の古名。東のタバレスターン,西のギーラーン地方も広義のダイラムと呼ばれることがあったが,正確には,この両者にはさまれた地方をいう。峻険な地形のため,アラブの征服の時代にもイスラム化することがなく,キャドホダーkadukhodāと呼ばれる者が支配する,家父長制的で閉鎖的な社会であったという。言語はペルシア語の一分派で,女性も農耕に従事し,牧羊も行われていた。9世紀後半より,ザイド派の布教によってシーア派のイスラムに改宗するものが増え,イスラム世界への進出も活発になった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ダイラムの関連キーワードアリー・ブン・アルアッバースハサン・イブヌッ・サッバーフムイッズ・アッダウラ西アジア史(年表)ハサン・サッバーフカークーイ朝サッラール朝アラビア文学西アジア史ジヤール朝ダイラム人アラムートブワイフ朝イクターザイド朝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android