コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイラム Daylam

世界大百科事典 第2版の解説

ダイラム【Daylam】

カスピ海南西岸の山岳地帯の古名。東のタバレスターン,西のギーラーン地方も広義のダイラムと呼ばれることがあったが,正確には,この両者にはさまれた地方をいう。峻険な地形のため,アラブの征服の時代にもイスラム化することがなく,キャドホダーkadukhodāと呼ばれる者が支配する,家父長制的で閉鎖的な社会であったという。言語はペルシア語の一分派で,女性も農耕に従事し,牧羊も行われていた。9世紀後半より,ザイド派の布教によってシーア派のイスラムに改宗するものが増え,イスラム世界への進出も活発になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ダイラムの関連キーワードアリー・ブン・アルアッバースハサン・イブヌッ・サッバーフムイッズ・アッダウラハサン・サッバーフ西アジア史(年表)アラビア文学カークーイ朝サッラール朝アラムート西アジア史ダイラム人ブワイフ朝ジヤール朝イクターザイド朝

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダイラムの関連情報