コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウワード朝 ラウワードちょうRawwādids; Rawwādīya(Āl-i Rawwād)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラウワード朝
ラウワードちょう
Rawwādids; Rawwādīya(Āl-i Rawwād)

イラン,アゼルバイジャンを支配したクルド系王朝 (955~1070/1) 。アッバース朝下にラウワード Rawwād b. Muthannāがタブリーズを領有したのが始り。 980/1年頃,アブル・ハイジャー・フサイン (在位 955~988) がサッラール朝を駆逐してアゼルバイジャンに支配を確立。バフスーダーン (在位 1019~54頃) のときシャッダード朝など周辺勢力やオグズ族の侵入によく対抗し,最盛期を迎えたが,1054年セルジューク朝トグルル・ベグの宗主権下に入り,70/1年同朝のアルプ・アルスランによって廃された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラウワード朝の関連キーワードサッラール

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android