コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サハの電離平衡式 Saha's formula for dissociation equilibrium

法則の辞典の解説

サハの電離平衡式【Saha's formula for dissociation equilibrium】

1920年にインドの物理学者サハが,ネルンストの化学平衡論を気体状原子へ応用した結果として導いたものである.

Ar ⇔ A(r+1)++e

のイオン解離平衡の平衡定数 Kr は,UrT),Ur+1T) をそれぞれ r 次,および r+1次に電離したイオンの分配関数としたとき,

のように表現できるとした.ここでAr は気体原子Aから r 個の電子を失ったイオンを指し,m は電子の質量,k はボルツマン定数,T は絶対温度,χrr 次のイオンが r+1次のイオンへと電子を放出(解離)するときのエネルギーである.ラングミュア‐サハの公式*も参照.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

サハの電離平衡式の関連キーワードラングミュア‐サハの公式サハのイオン化理論ボルツマン定数サハの解離公式電子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android