コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サハの電離平衡式 Saha's formula for dissociation equilibrium

1件 の用語解説(サハの電離平衡式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

サハの電離平衡式【Saha's formula for dissociation equilibrium】

1920年にインド物理学者サハが,ネルンスト化学平衡論を気体状原子へ応用した結果として導いたものである.

Ar ⇔ A(r+1)++e

イオン解離平衡の平衡定数 Kr は,UrT),Ur+1T) をそれぞれ r 次,および r+1次に電離したイオン分配関数としたとき,

のように表現できるとした.ここでAr は気体原子Aから r 個の電子を失ったイオンを指し,m は電子の質量,k はボルツマン定数,T は絶対温度,χrr 次のイオンが r+1次のイオンへと電子を放出(解離)するときのエネルギーである.ラングミュア‐サハの公式*も参照.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サハの電離平衡式の関連キーワード高エネルギー物理学サハロフシュテルンラマン東京理科大学宇宙物理学ポインティングベクトルワインバーグサラム理論岩石物理学

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone