コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サハラアトラス山脈 サハラアトラスさんみゃくSaharan Atlas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サハラアトラス山脈
サハラアトラスさんみゃく
Saharan Atlas

アトラスサハリエン Atlas Saharienともいう。北アフリカ地中海沿岸西部のアトラス山脈の一部。サハラ砂漠の北限をなし,アルジェリアからチュニジアにかけてクスール,アムール,ウールッドナイル,ザブ,オーレス,テベッサ (タバッサ) などの山脈を含む。アルジェリアではシェリア山 (2328m) が,チュニジアではシャンビー山 (1544m) が最高峰。一般に降水量が少くステップ地域。資源としては,ウエンザ山の近くに鉄鉱,テベッサの近くにリン鉱を産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サハラアトラス山脈の関連キーワードオープラトーティアレト県オーレス山地シェリフ川バトナ県アナバ県ビスクラサイダ県オアシス

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android