サハラアトラス山脈(読み)サハラアトラスさんみゃく(英語表記)Saharan Atlas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サハラアトラス山脈
サハラアトラスさんみゃく
Saharan Atlas

アトラスサハリエン Atlas Saharienともいう。北アフリカ地中海沿岸西部のアトラス山脈の一部。サハラ砂漠の北限をなし,アルジェリアからチュニジアにかけてクスール,アムール,ウールッドナイル,ザブ,オーレス,テベッサ (タバッサ) などの山脈を含む。アルジェリアではシェリア山 (2328m) が,チュニジアではシャンビー山 (1544m) が最高峰。一般に降水量が少くステップ地域。資源としては,ウエンザ山の近くに鉄鉱,テベッサの近くにリン鉱を産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android