サバリテス(英語表記)Sabalites

世界大百科事典 第2版の解説

サバリテス【Sabalites】

単子葉植物のヤシ科クマデヤシ属Sabal化石で,葉の形態属名。現生種は常緑性の低木または高木の約20種が知られ,西インド諸島,中南米暖熱帯地方などの海岸分布する。葉は頂生し樹冠を作り,扇状で多数の小葉に掌状深裂する。小葉には平行脈が縦走し,葉柄は長く,その先端は細長く延びて葉身に入る。化石種は白亜紀以降に見いだされ,古第三紀には現在の分布よりもかなり北方の温帯地域まで生育していた。日本では北海道から九州まで各地の古第三紀含炭層,とくに始新から多産する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android