コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サバリテス Sabalites

世界大百科事典 第2版の解説

サバリテス【Sabalites】

単子葉植物のヤシ科クマデヤシ属Sabal化石で,葉の形態属名。現生種は常緑性の低木または高木の約20種が知られ,西インド諸島,中南米暖熱帯地方などの海岸に分布する。葉は頂生し樹冠を作り,扇状で多数の小葉掌状深裂する。小葉には平行脈が縦走し,葉柄は長く,その先端は細長く延びて葉身に入る。化石種は白亜紀以降に見いだされ,古第三紀には現在の分布よりもかなり北方の温帯地域まで生育していた。日本では北海道から九州まで各地の古第三紀含炭層,とくに始新統から多産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サバリテスの関連キーワード単子葉植物

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android