コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サファビー朝美術 サファビーちょうびじゅつSafavid art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サファビー朝美術
サファビーちょうびじゅつ
Safavid art

イランのサファビー朝のイスラム美術。代表的建築として,イスファハンのマイダーネ・シャー (王の広場) を囲む王のモスク,長老ルトゥフ・アッラーのモスク,アリ・カプーなどがある。庭園文化もこの時期,最盛期を迎え,アリ・カプーの内側に広大な王宮庭園群がつくられた。ミニアチュールでは,優美な線描による風俗画が新しい様式を形成。陶器では,中国染付磁器の模倣の多いなかでイラン的なクバチ陶器が生れた。カーペット芸術は宮廷の保護を受け,全盛期を迎えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サファビー朝美術の関連キーワードマスジデ・シャーイスラム絵画

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android