コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サフェリー Roelant(Ruelandt) Savery

世界大百科事典 第2版の解説

サフェリー【Roelant(Ruelandt) Savery】

1576‐1639
フランドル出身の風景画家。コルトレイクで生まれた。1604‐12年,プラハで皇帝ルドルフ2世の宮廷画家として活躍し,宮廷動物園で熱帯の珍しい動物を観察。06‐08年,チロルに赴き,アルプスの山岳風景をスケッチする。14年ウィーンでルドルフ2世の弟の皇帝マティアスに仕えた後,ユトレヒトに定住。神話や聖書のイメージを用い,密林や森に生息するエキゾティックな動植物を描きこんだ幻想的な風景画を得意とした。その様式はブリューゲル(父)やボルHans Bol,ファン・コニンクスローなどの影響を受ける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android