コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サフェリー Roelant(Ruelandt) Savery

世界大百科事典 第2版の解説

サフェリー【Roelant(Ruelandt) Savery】

1576‐1639
フランドル出身の風景画家。コルトレイクで生まれた。1604‐12年,プラハで皇帝ルドルフ2世宮廷画家として活躍し,宮廷動物園で熱帯の珍しい動物を観察。06‐08年,チロルに赴き,アルプスの山岳風景をスケッチする。14年ウィーンでルドルフ2世の弟の皇帝マティアスに仕えた後,ユトレヒトに定住。神話や聖書のイメージを用い,密林や森に生息するエキゾティックな動植物を描きこんだ幻想的な風景画を得意とした。その様式はブリューゲル(父)やボルHans Bol,ファン・コニンクスローなどの影響を受ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サフェリーの関連キーワードポルロ北畠具教ルドルフ2世安土桃山時代(年表)天文学史(年表)大久保(彦左衛門)忠教小松城富山城大久保彦左衛門明石藩

サフェリーの関連情報