サフェリー(英語表記)Roelant(Ruelandt) Savery

世界大百科事典 第2版の解説

サフェリー【Roelant(Ruelandt) Savery】

1576‐1639
フランドル出身の風景画家。コルトレイクで生まれた。1604‐12年,プラハで皇帝ルドルフ2世の宮廷画家として活躍し,宮廷動物園で熱帯の珍しい動物を観察。06‐08年,チロルに赴き,アルプスの山岳風景をスケッチする。14年ウィーンでルドルフ2世の弟の皇帝マティアスに仕えた後,ユトレヒトに定住神話聖書のイメージを用い,密林や森に生息するエキゾティックな動植物を描きこんだ幻想的な風景画を得意とした。その様式ブリューゲル(父)やボルHans Bol,ファン・コニンクスローなどの影響を受ける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android