サマンフディ(英語表記)Haji Samanhudi

世界大百科事典 第2版の解説

サマンフディ【Haji Samanhudi】

1868‐1956
インドネシア民族運動の初期指導者で,イスラム系小商人の団体,イスラム商業同盟の設立者。スラカルタバティック(ジャワのろうけつ染め)の中心地であるラウェヤン地区に生まれ,富裕なバティック業者として名をなした。1904年にメッカに巡礼してハジ称号を得たのち,05年ころからスラカルタのバティック商人に対して,華僑の経済的支配浸透に団結して当たるよう説きはじめた。この結果,11年に同地でイスラム商業同盟が結成された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android