コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サマンフディ Haji Samanhudi

世界大百科事典 第2版の解説

サマンフディ【Haji Samanhudi】

1868‐1956
インドネシア民族運動の初期指導者で,イスラム系小商人の団体,イスラム商業同盟の設立者。スラカルタバティック(ジャワのろうけつ染め)の中心地であるラウェヤン地区に生まれ,富裕なバティック業者として名をなした。1904年にメッカに巡礼してハジの称号を得たのち,05年ころからスラカルタのバティック商人に対して,華僑の経済的支配の浸透に団結して当たるよう説きはじめた。この結果,11年に同地でイスラム商業同盟が結成された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

サマンフディの関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎[各個指定]工芸技術部門戊辰戦争中平康野村芳太郎マキノ雅広川島雄三市川崑コーマン

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android