コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サムイェー寺 サムイェーじbSam yas

世界大百科事典 第2版の解説

サムイェーじ【サムイェー寺 bSam yas】

中央チベット蔵布江北岸に775年に定礎された最古の僧院。本堂の両側に日月2堂を配し,四隣に各3寺を建て,完成に12年を要した。本堂竣工の779年に開山シャーンタラクシタが6人のチベット人に具足戒を授け,最初の僧伽をつくった。落慶法要に当たり,王ティソン・デツェンは王妃以下の百官に崇仏の誓約詔書に署名させ,その趣旨を石碑に刻んで残した。本堂は文化大革命の際に破壊されて残っていない。【山口 瑞鳳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サムイェー寺の関連キーワードパドマサンババ