コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サムットプラカーン Samut Prakan

世界大百科事典 第2版の解説

サムットプラカーン【Samut Prakan】

タイ中部の都市で同名県の県都メナム川(チャオプラヤー川)の河口左岸に位置し,パークナムPaknam(〈河口〉の意)とも呼ばれる。人口4万8960(1980)。首都バンコクの南に接し,古くから軍事・通商上の要衝として知られた。河口地帯にはマングローブニッパヤシが繁茂し,沿岸漁業の基地でもある。伝統的には稲作が農民のおもな生業であるが,1960年代以降,工場建設が急速に進み,タイの中心的な工業地帯になった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

サムットプラカーンの関連キーワードサムトプラカン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サムットプラカーンの関連情報