サモア諸島民(読み)サモアしょとうみん(英語表記)Samoan

翻訳|Samoan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「サモア諸島民」の解説

サモア諸島民
サモアしょとうみん
Samoan

サモア諸島に居住するポリネシア人。 19世紀の列強政争のために,現在も東のアメリカ領サモアサモア (旧西サモア) とに分離している。アメリカ領サモアはアメリカ統治の影響が強く,西欧化が進んでいるが,サモアは現在でも伝統的生活様式を多く保っていることで知られている。社会の基本単位はアーインガと呼ばれる親族集団であり,選系的な出自に基づいて形成される。アーインガは家長の指導のもとに統括され,いくつかのアーインガが集って村を構成するが,伝統的な首長会議の組織を若干修正して,現在の政治制度に適用している。生業漁労および根菜類の栽培など。換金作物として,バナナ,カカオ,コプラの生産も行なっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android