サヤン山脈(読み)さやんさんみゃく(英語表記)Саянский ХребетSayanskiy Hrebet 

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サヤン山脈
さやんさんみゃく
Саянский Хребет Sayanskiy Hrebet 

ロシア連邦東部、東シベリア南部のバイカル湖西方にある山脈。エニセイ川の源流を占める位置にある。中央を横断するエニセイ川の峡谷によって、東サヤンと西サヤンに二分される。東サヤンは長さ約1000キロメートル、最高峰はモンゴルとの国境にあるムンク・サルディク山(3491メートル)。西サヤンは長さ約600キロメートル。両サヤンとも斜面は山地タイガ(針葉樹林帯)で覆われ、山頂部は高山性ステップ(短草草原)となっている。[小宮山武治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

サヤン‐さんみゃく【サヤン山脈】

(サヤンはSajany) ロシアのシベリア中南部、モンゴル国との国境近くにある山脈。エニセイ川の水源。特に地下資源に恵まれている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android