コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルオガセモドキ Spanish moss

翻訳|Spanish moss

世界大百科事典 第2版の解説

サルオガセモドキ【Spanish moss】

木に着生垂下するパイナップル科のひも状の多年草。根は退化し,細い茎はまばらに二叉(にさ)状に分枝しながら,ときには5m以上に垂れ下がる。葉は線形で長さ3~5cm,表面はよごれた銀白色の鱗片毛で覆われている。この鱗片毛は空中の霧から水分を吸収するのに役だっている。花序は茎に頂生し,披針形の苞葉につつまれたただ1個の花からなる。萼片は3枚,花弁は小型で目だたず,先は反曲し紫色。蒴果(さくか)は1.5cmほど,線形で断面は鈍三角形。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルオガセモドキ

スパニッシュモス」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のサルオガセモドキの言及

【アナナス】より

…根の発達は悪いが,そのかわり着生型の生活によく適応した貯水槽や葉の表面の吸収毛が発達していて,多くの種が樹上着生生活をしているし,土壌の発達の悪い岩石地にも生育する。なかには根をほとんどなくして樹枝からたれさがり,空中の湿気のみで生育するサルオガセモドキTillandsia usneoidesのように特殊化した種もある。
[分類と進化]
 アナナス類は,胚乳を有する種子,放射状の3数性で外花被片と内花被片が分化した花,3室からなる子房に多数の種子を中軸胎座につけることで特徴づけられているだけでなく,楯状の多細胞からなる吸収毛があるのも特徴である。…

【アナナス】より

…根の発達は悪いが,そのかわり着生型の生活によく適応した貯水槽や葉の表面の吸収毛が発達していて,多くの種が樹上着生生活をしているし,土壌の発達の悪い岩石地にも生育する。なかには根をほとんどなくして樹枝からたれさがり,空中の湿気のみで生育するサルオガセモドキTillandsia usneoidesのように特殊化した種もある。
[分類と進化]
 アナナス類は,胚乳を有する種子,放射状の3数性で外花被片と内花被片が分化した花,3室からなる子房に多数の種子を中軸胎座につけることで特徴づけられているだけでなく,楯状の多細胞からなる吸収毛があるのも特徴である。…

※「サルオガセモドキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サルオガセモドキの関連キーワードチランドシア

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android