コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルグル朝 サルグルちょうSalghurids; Salghuriyān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルグル朝
サルグルちょう
Salghurids; Salghuriyān

イラン,ファールス地方を支配したアター・ベグ朝 (1148~1287) 。トルクメンのサルグル族出身のソンコルが,1148年セルジューク朝のもとにファールスの支配権を得て創始。サード (在位 1194~1231) のとき最盛期を迎えたが,やがてホラズム・シャー朝に服属し,領土の一部を割譲,その後モンゴルに臣従し,ついにフラグ (旭烈兀) の息子と結婚させられた王女アビシュ (在位 63~87) を最後として絶えた。同朝は詩人サーディーの保護者として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android