コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホラズム・シャー朝 ホラズム・シャーちょうKhorezm-Shāh; Khwārezm- Shāh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホラズム・シャー朝
ホラズム・シャーちょう
Khorezm-Shāh; Khwārezm- Shāh

セルジューク朝ホラズムの太守アヌシュ・テギン (在位 1077~97) の子孫が樹立した中央アジアの王朝 (1077~1231) 。ホラズム・シャーとは「ホラズム王」の意。フワーリズム・シャー朝ともいう。ジャラール・ウッディーンのとき,チンギス・ハン (成吉思汗) に滅ぼされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホラズム・シャー朝の関連キーワードムイッズ・ウッディーン・ムハンマドアラー・アッディーン・ムハンマドアラー・ウッディーン・ムハンマドジャラール・アッディーンアヌーシュティギーンアディーブ・サービルクニヤホラズム・シャー朝西アジア史(年表)アフガニスタン史ジュルジャーニージュバイニー家エルディグズ朝ゴロディシチェバーワンド朝サルハン侯国アター・ベグミスカワイフカラ・キタイジュバイニー

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android