コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホラズム・シャー朝(読み)ホラズム・シャーちょう(英語表記)Khorezm-Shāh; Khwārezm- Shāh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホラズム・シャー朝
ホラズム・シャーちょう
Khorezm-Shāh; Khwārezm- Shāh

セルジューク朝ホラズムの太守アヌシュ・テギン (在位 1077~97) の子孫が樹立した中央アジアの王朝 (1077~1231) 。ホラズム・シャーとは「ホラズム王」の意。フワーリズム・シャー朝ともいう。ジャラール・ウッディーンのとき,チンギス・ハン (成吉思汗) に滅ぼされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android