サード(英語表記)third

  • THAAD
  • Theater High-Altitude Area Defense

翻訳|third

デジタル大辞泉プラスの解説

1978年公開の日本映画。監督:東陽一原作:軒上泊、脚本寺山修司録音:久保田幸雄。出演:永島敏行、吉田次昭、森下愛子、志方亜紀子、島倉千代子、内藤武敏、峰岸徹ほか。第52回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画ベスト・ワン作品。第3回報知映画賞作品賞受賞。第33回毎日映画コンクール録音賞受賞。第21回ブルーリボン賞作品賞、新人賞(永島敏行)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戦域高高度空域防衛。限定的弾道ミサイル防御システム (GPALS) 構想における地域防衛用の地上発射型弾道ミサイル迎撃ミサイル。迎撃範囲は,高度 15~150km,射程 150~200km。機動式の TMD-GBR (早期警戒・捜索用レーダ) の誘導で目標に接近し,ミサイルに装備される赤外線センサを使って目標に直撃することから,KKV (Kinetic Kill Vehicle:運動破壊飛翔体) ともいわれる。システムは 15のミサイルを収納するランチャー,戦闘管理センター,射撃統制用レーダから構成されるが,パトリオットよりコンパクトで,大型トラックに搭載される。C-141B以上の大型輸送機であればシステム単位で移動できる。またこのミサイルの艦載型も検討されている。 1999年度試験運用,2004年の配備を予定している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (third 「第三番目」の意)
① 野球で、三塁、または三塁手のこと。〔新式ベースボール術(1898)〕
② 自動車の変速ギヤの第三速。
※探偵事務所23(1962)〈大藪春彦〉一「ギアをサードに落し、道の端によって徐行するように見せかけていた」
③ (third mate (officer) から) 船で、三等航海士。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉三五「チーフメートもそこにゐた。セコンド、サードもそこにゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

知恵蔵の解説

THAAD」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サードの関連情報