コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファールス Fārs

世界大百科事典 第2版の解説

ファールス【Fārs】

イラン南部,フージスターンとイスファハーン,ケルマーンペルシア湾に接する地方。現在,イランの州の一つで面積約15万m2,人口354万(1991)。州都はシーラーズ。ほかにカーゼルーン,ファサー,ラールなどの町がある。前1000年代にアーリヤ系のペルシア人が来住,この地はパールサPārsaと呼ばれた。英語のペルシアはそのギリシア語形ペルシスPersisに由来する。アケメネス朝ササン朝興隆の地で,ペルセポリスナクシ・ルスタムパサルガダエフィルザバードなど古代の遺跡が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファールス
ふぁーるす
Frs

イラン南部の州。ザーグロス山脈の東部に位置し、南はペルシア湾に面する。面積12万1825平方キロメートル(2000)、人口413万5251(2002推計)。州都はシーラーズ。イラン高原中でも肥沃(ひよく)な地で、穀物、柑橘(かんきつ)類、ブドウ、綿花、サトウダイコンなどを産する。カシュカイ人、ハムセ部族連合などの遊牧民が多く住み、その移動距離は600キロメートルを超える。古代の地名はパールサPrsaで、そのギリシア語形ペルシスPersisが英語のペルシアPersiaの語源となった。
 紀元前二千年紀よりペルシア人が住み着いたこの地は、アケメネス朝、ササン朝興隆の地で、ペルセポリス、パサルガダエ、ナクシュ・イ・ロスタム、などの遺跡が多い。ブワイフ朝、ファールス・アタベク朝、ムザッファル朝、ザンド朝はシーラーズを首都とした。ブワイフ朝のアズドッ・ドウラは、紀元後971年、北部を流れるコル川に長さ120メートルの大堰堤(えんてい)(バンデ・アミール)をつくり、多くの村を開発した。[岡正孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のファールスの言及

【ササン朝美術】より

…シャープール1世(在位240‐272)のビシャープールBishāpūrやクテシフォンの宮殿,カスル・イ・シリーンKasr‐i Shirīnのチャハル・カプ宮殿などはいずれも左右対称的なプランを示しており,ササン朝宮殿建築の一つの特色を示している。 神殿の遺構としてはゾロアスター教の〈拝火神殿〉が50ほど知られ,その大部分はファールス地方に残されている。ゾロアスター教の神殿は基本的には二つの方形建物からなり,一つは聖火を安置する閉鎖的なもの(アタシュ・カデーAtash‐kadeh)で,もう一つは聖火を公開するときに用いる開放的な建物(チャハル・タークChahar‐tāq)である。…

【ペルシア】より

…おもに欧米で用いられてきたイランの別称。もともとはアケメネス朝が拠ったイラン南西部の一地方名パールサPārsa(現代ペルシア語ではアラビア語化されたファールスFārsとして残っている)に由来するが,アケメネス朝のイラン高原統一によってイラン全体を含む概念に拡大された。アケメネス朝期のギリシア史家の用いたペルシスPersisが,ラテン語形ペルシアを経て,ヨーロッパに入ったものである。…

※「ファールス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ファールスの関連キーワードボイル・アフマディ・バ・クフキルイエ州ヤークーブ・イブヌル・ライスヴァンデン・L. ベルヘアドゥド・アッダウラタル・イ・バクン遺跡イブヌル・バルヒージャハーン・シャーアズド・ウッダウラアルタバヌス5世アルダシール1世カシュガーイー族フィルザーバードマルブダシュトラーレスターンサッファール朝エルディグズ朝ロレスターンアター・ベクアター・ベグイスタフリー

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android