サレハルド(英語表記)Salekhard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サレハルド
Salekhard

1933年までオブドルスク Obdorsk。ロシア中部,西シベリア北部,ヤマロネネツ自治管区の行政中心地。オビ川最下流部右岸,ポルイ川が流入する地点にある河港都市。 1595年につくられ,1938年市となった。水産加工 (缶詰) ,船舶修理,製材が主要産業。市の対岸,オビ川左岸に鉄道駅があり,ペチョラ,ボルクタと連絡。人口3万 1600 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サレハルド(Salekhard/Салехард)

ロシア連邦中部、チュメニ州、ヤマロネネツ自治管区の都市。オビ川下流部に位置し、河港を有する。16世紀末に砦が築かれたことに起源する。北極圏の緯線上にある都市として知られる。1933年までの旧称オブドルスク。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サレハルド
されはるど
Салехард Salehard

ロシア連邦中部、チュメニ州、ヤマロ・ネネツ自治管区の行政中心都市。1933年までオブドルスクОбдорск/Obdorskと称した。オビ川下流右岸の河港都市である。人口2万9600(1996)。魚類缶詰、家屋建設、乳業などの産業がある。1595年に建設された柵(さく)(砦(とりで))に起源する。[三上正利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android