コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンクト・ペテルブルグ・ボリショイ・ドラマ劇場 サンクトペテルブルグボリショイドラマげきじょうSankt‐Peterburgskii Bol’shoi dramaticheskii teatr

世界大百科事典 第2版の解説

サンクトペテルブルグボリショイドラマげきじょう【サンクト・ペテルブルグ・ボリショイ・ドラマ劇場 Sankt‐Peterburgskii Bol’shoi dramaticheskii teatr】

ロシアの劇場。正式名称は〈ゴーリキー記念国立レニングラード赤軍勲章アカデミー・ボリショイ・ドラマ劇場〉(通称レニングラード・ボリショイ・ドラマ劇場)であったが,1991年改称。一般にはBDT(ベーデーテー)という略称で親しまれている。サンクト・ペテルブルグのネフスキー通りのほぼ中間を横切るフォンタンカ運河に面して立っている劇場の建物そのものは,1879年に建てられ,はじめはアプラクシン劇場,その後スボーリン劇場と呼ばれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サンクト・ペテルブルグ・ボリショイ・ドラマ劇場の関連キーワードサンクト・ペテルブルグボリショイ劇場

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android