コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンジェルマンアンレー城 サンジェルマンアンレージョウ

1件 の用語解説(サンジェルマンアンレー城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サンジェルマンアンレー‐じょう〔‐ジヤウ〕【サンジェルマンアンレー城】

Château de Saint-Germain-en-Laye》フランス、パリ西郊、セーヌ河畔の観光・住宅都市サンジェルマンにあるルネサンス様式の城。16世紀にフランソワ1世により建造された。ベルサイユ宮殿の庭園で知られる造園家アンドレ=ル=ノートルルイ14世の時代に手がけた庭園がある。現在は国立考古学博物館になっている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

サンジェルマンアンレー城の関連キーワードシャトーサンルイ島セントクリストファー・ネービス城山堅イフ城カーン城カン城サンスーシ宮殿シノン城シヨン城

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サンジェルマンアンレー城の関連情報