コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンセゼール人 サンセゼールじんSaint-Césaire man

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンセゼール人
サンセゼールじん
Saint-Césaire man

南西フランスのサントに近いサンセゼールの岩陰遺跡で,1979年に後期旧石器時代初めのシャテルペロン文化の遺物とともに発見されたネアンデルタール人。年代が約3万 5000年前と比較的新しいにもかかわらず,眼窩上隆起や上下の顎骨にネアンデルタール人特有の形態が認められ,約3万年前に出現したクロマニヨン人との類似はまったく見られない。そのため,ネアンデルタール人が進化してクロマニヨン人に移行したという考えに疑問が投げかけられることとなり,西アジア方面で形成されたクロマニヨン人がヨーロッパに移住して,短期間に在来のネアンデルタール人に取って代ったとする説が有力となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android