サンタキアーラ聖堂(読み)サンタキアーラセイドウ

デジタル大辞泉の解説

サンタキアーラ‐せいどう〔‐セイダウ〕【サンタキアーラ聖堂】

Basilica di Santa Chiara
イタリア中部、ウンブリア州の都市アッシジにあるゴシック様式の教会。フランチェスコ修道会を創設したフランチェスコの弟子キアーラを祭る。13世紀の建造。外壁面は白とピンクの大理石を使った縞模様が施され、内部の地下室には聖キアーラの遺体や遺品が納められている。サンフランチェスコ聖堂と関連する遺跡群を含めて、2000年に世界遺産(文化遺産)に登録された。
イタリア南部、カンパニア州の都市ナポリにあるゴシック様式の教会。14世紀に建造され、アンジュー家のカルロ=ロベルト王をはじめ王族や貴族の墓がある。マジョリカという色絵陶器で飾られた付属の修道院の回廊が有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android