コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタニェーゼ・フオーリ・レ・ムーラ聖堂[ローマ] サンタニェーゼ・フオーリ・レ・ムーラせいどう[ローマ]Sant'Agnese fuori le Mura, Roma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタニェーゼ・フオーリ・レ・ムーラ聖堂[ローマ]
サンタニェーゼ・フオーリ・レ・ムーラせいどう[ローマ]
Sant'Agnese fuori le Mura, Roma

ローマのバシリカ式聖堂。 324年に聖アグネスの墓の上にコンスタンチヌスによって築かれた。しかし現在の三廊式バシリカ聖堂はホノリウス1世 (在位 625~638) により再建されたものである。その後もたびたび改築されているにもかかわらず,聖堂内アプスにはホノリウス1世当時のモザイクが残っている。教皇シンマクスとホノリウス1世の間に正面向きの厳正なポーズで立つ聖アグネスを表わしたそのモザイクは,新しいビザンチン様式の発生を例証する貴重な遺品である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サンタニェーゼ・フオーリ・レ・ムーラ聖堂[ローマ]の関連キーワード松島(熊本県)コンスタンチヌス1世(大帝)宣王[斉]リキニウスバリ島リキニウス山田哲人埋蔵電力子育て支援伊豆大島の土石流災害

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android