サンタニェーゼ・フオーリ・レ・ムーラ聖堂[ローマ](読み)サンタニェーゼ・フオーリ・レ・ムーラせいどう[ローマ](英語表記)Sant'Agnese fuori le Mura, Roma

  • サンタニェーゼ・フオーリ・レ・ムーラせいどう
  • サンタニェーゼ・フオーリ・レ・ムーラ聖堂
  • ローマ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローマのバシリカ式聖堂。 324年に聖アグネスのの上にコンスタンチヌスによって築かれた。しかし現在の三廊式バシリカ聖堂はホノリウス1世 (在位 625~638) により再建されたものである。その後もたびたび改築されているにもかかわらず,聖堂内アプスにはホノリウス1世当時のモザイクが残っている。教皇シンマクスとホノリウス1世の間に正面向きの厳正なポーズで立つ聖アグネスを表わしたそのモザイクは,新しいビザンチン様式の発生を例証する貴重な遺品である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android