コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタマリア修道院 サンタマリアシュウドウイン

2件 の用語解説(サンタマリア修道院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サンタマリア‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【サンタマリア修道院】

Mosteiro de Santa Maria de Alcobaça》⇒アルコバサ修道院

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンタマリアしゅうどういん【サンタマリア修道院】

ポルトガル中東部、美しい海岸線を持つ観光地として知られる町ナザレ(Nazaré)の北約14km、小さな町アルコバッサAlcobaça)の中心部にあるシトー派の修道院ポルトガルを建国したアフォンソ1世(Afonso Henriques)が1178年に建設した。建物正面の幅は221mあり、同国最大の修道院建築である。ロマネスクからゴシック様式への過渡期に建設された建物の特徴が現れている。2階部分のポルトガル独特の建築様式マヌエル様式の回廊は、14世紀に増築されたもので、バロック様式のファザードは18世紀に改築されたものである。彫刻が施されたペドロ1世の石棺は、ゴシック様式の傑作として名高い。また、多くの観光客が目当てにしているものに、礼拝堂の「ペドロイネスの石棺」がある。14世紀の国王であったペドロ1世と姫コンスタンサの侍女イネスとの悲恋物語が語り継がれている。この石棺も繊細で美しい装飾彫刻が施され、ポルトガルゴシック芸術の最高傑作といわれている。◇「アルコバッサの修道院」として、世界遺産に登録されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンタマリア修道院の関連キーワードポートアントニオポルトラーノコスタドソルコスタデプラタポルトセグーロポルトガル・シープドッグポルトガル・ポインターブラジルとポルトガルポルト(ポート)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone