コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタマリア修道院 サンタマリアシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

サンタマリア‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【サンタマリア修道院】

Mosteiro de Santa Maria de Alcobaça》⇒アルコバサ修道院

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンタマリアしゅうどういん【サンタマリア修道院】

ポルトガル中東部、美しい海岸線を持つ観光地として知られる町ナザレ(Nazaré)の北約14km、小さな町アルコバッサ(Alcobaça)の中心部にあるシトー派の修道院ポルトガルを建国したアフォンソ1世(Afonso Henriques)が1178年に建設した。建物正面の幅は221mあり、同国最大の修道院建築である。ロマネスクからゴシック様式への過渡期に建設された建物の特徴が現れている。2階部分のポルトガル独特の建築様式マヌエル様式の回廊は、14世紀に増築されたもので、バロック様式のファザードは18世紀に改築されたものである。彫刻が施されたペドロ1世の石棺は、ゴシック様式の傑作として名高い。また、多くの観光客が目当てにしているものに、礼拝堂の「ペドロとイネスの石棺」がある。14世紀の国王であったペドロ1世と姫コンスタンサの侍女イネスとの悲恋物語が語り継がれている。この石棺も繊細で美しい装飾彫刻が施され、ポルトガルゴシック芸術の最高傑作といわれている。◇「アルコバッサの修道院」として、世界遺産に登録されている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

サンタマリア修道院の関連キーワードマイケルズサンタクルス修道院サンタフェサンタクルス島グアラニーのイエズス会伝道施設群サンタトラッカー篠山紀信ベアトジェロニモス修道院バターリャ修道院

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android