コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンチアゴデルエステロ Santiago del Estero

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンチアゴデルエステロ
Santiago del Estero

アルゼンチン北西部,サンチアゴデルエステロ州州都。アンデス山脈東麓,グランチャコと呼ばれる大平原地帯の南西縁にあり,ドゥルセ川にのぞむ。建設以来現在まで続いている都市としては同国で最も古く,1553年ペルーから南下してきたスペイン人が建設,56年やや南の現在地に移転した。高温少雨の乾燥気候地帯にあるが,周辺一帯では灌漑農業が盛んで,市はその商工業中心地として小麦,綿花,アマ,トウモロコシアルファルファなどを集散,加工する。市内には 1590年建造の聖堂をはじめとする古い建築物が保存されている。幹線道路,鉄道が通り,同国北西部の諸都市やパラナ川沿岸の港サンタフェ,ロサリオなどと連絡。人口 20万 1709 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サンチアゴデルエステロの関連キーワードサラド川

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android