コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サントロフィーム教会 サントロフィームキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

サントロフィーム‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【サントロフィーム教会】

Église Saint-Trophime》フランス南部、プロバンス地方の都市アルルにある、11世紀に建造されたロマネスク様式の教会。タンパン(正面入口上部の半円部分)や回廊の柱の彫刻はロマネスク様式の傑作として知られる。中世にはサンティアゴ‐デ‐コンポステラの巡礼路の起点にある教会としてにぎわった。1981年、「アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群」の一として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

サントロフィーム教会の関連キーワードサンテチエンヌ大聖堂サンジェルマンデプレ教会サンシュルピス教会サンジョゼフ教会サンピエール修道院付属教会サンマクルー教会ブルー教会サンピエール大聖堂サンルイ島セントクリストファー・ネービス