サンバール(英語表記)Sambhal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンバール
Sambhal

インド北部,ウッタルプラデーシュ州西部の町。デリーの東約 130kmに位置。イスラム勢力進出の拠点となり,16世紀初期にはロディー朝の首都となった。当時の重要な遺跡が多く,現在も,1526年建立のモスク,ナワーブ・アミン・ウッダウラの城,59年建立のファテ・ウラー・シャー廟などでは,ヒンドゥー教およびイスラム教の盛大な例祭が行われる。主産業は,製糖綿織物など。人口 15万 12 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンバールの関連情報