コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンピエール修道院付属教会 サンピエールシュウドウインフゾクキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

サンピエール‐しゅうどういんふぞくきょうかい〔‐シウダウヰンフゾクケウクワイ〕【サンピエール修道院付属教会】

Église Saint-Pierre》フランス南西部、ミディ‐ピレネー地方、タルヌ‐エ‐ガロンヌ県の町モアサックにある、旧ベネディクト派修道院の付属教会。タンパン(正面入口上部の半円部分)の彫刻や回廊はロマネスク様式の傑作として知られる。1998年、サンティアゴ‐デ‐コンポステラの巡礼路に沿う教会の一として世界遺産(文化遺産)に登録された。サンピエール教会。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

サンピエール修道院付属教会の関連キーワードサンピエール大聖堂アナール学派サンテチエンヌ大聖堂サンジェルマンデプレ教会サンシュルピス教会サンジョゼフ教会サントロフィーム教会サンマクルー教会ブルー教会ボアロー=ナルスジャック

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android