サンリス(英語表記)Senlis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンリス
Senlis

フランス北部,バロア地方,オアーズ県の町。パリの北北東約 50km,オアーズ川の支流ノネット川にのぞむ。美しい森林を控えた,ガロ・ローマ時代からの町で,987年,カペー朝の祖ユーグ・カペーはここで王位についた。ガロ・ローマ時代の城壁,ゴシック様式初期を代表するノートル・ダム大聖堂,聖ピエール教会 (12世紀) ,司教館 (13~14世紀) ,美術・考古学博物館などがある。周辺に聖バンサン修道院など,美しい鐘楼が多数ある。現在はパリ市民の行楽地。軽工業が立地。人口1万 4345 (1982) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サンリス【Senlis】

フランス北部,オアーズ県の都市。人口1万4514(1982)。シャンティイの森とアラットの森の間に位置し,ガロ・ロマン時代の城壁が残る。中世にはパリ王領地帯の一部として栄える。1153年に起工されたノートル・ダム大聖堂はゴシック美術発展史上重要な位置を占める。特に聖母崇拝の高まりを象徴する,西正面扉口タンパンに表現された〈聖母戴冠〉の主題は,現存する最古の扉口彫刻であり,13世紀のシャルトル,パリのノートル・ダム,アミアン,ランスなどの大聖堂に影響を与えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンリス
さんりす
Senlis

フランス中北部、イル・ド・フランス地方オアーズ県の町。人口1万6327(1999)。パリの北北東51キロメートルに位置し、アラットの森、シャンティイの森、エルムノンビルの森に囲まれ、ノネット川に臨む。ガロ・ローマ時代の囲郭をはじめ多くの史跡に恵まれている。1153~1240年に建設されたノートル・ダム教会は1790年以前は司教座教会で、987年ユーグ・カペーがランス大司教によりフランス王とされた地でもある。画家クチュール(1815―79)の生誕地。[高橋 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android