コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーターラ Sātāra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーターラ
Sātāra

インド西部,マハーラーシュトラ州南西部の都市。プーナ南方約 90km,ウェスタンガーツ山脈中に発するクリシュナ川上流域に位置。町名は 14世紀にバフマニー朝の王が建てた城の壁が 17 (マラーティー語でサーターラ) 面あったことに由来。その後マラータ王国の首都となったが,1710年代以降,首都はプーナに移った。 1817年イギリス支配下となった。主産業は製糖,綿布,真鍮製品,ガラスなどの製造。周辺の農産物の集散地。人口9万 5133 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サーターラの関連キーワードインドの大反乱シャーフーチャバン

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android