コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サービト・ブン・クッラ Thābit b.Qurra

世界大百科事典 第2版の解説

サービト・ブン・クッラ【Thābit b.Qurra】

836‐901
トルコ南東部ハラーン出身のサービア教徒学者。ギリシア語,シリア語,アラビア語に堪能で,その才能を認められバグダードでギリシア科学書のアラビア語への翻訳活動に携わった。翻訳家としてフナイン・ブン・イスハークと並び称され,それ以後のアラビア科学展開の礎を築いた。その業績は翻訳のみにとどまらず,《アルマゲスト》等への注釈,さらに数学,天文学の分野で独創的な研究を行った。天文学の著作の一部は12世紀にラテン語訳され,西欧ラテン世界でも知れわたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のサービト・ブン・クッラの言及

【アラビア科学】より

…ペルシアやシリアやインドから優れた学者がこのアッバース朝の首都に雲集し,多くの第一級の科学文献がギリシア語やシリア語からアラビア訳され,アラビア科学は華やかに咲きいでた。ギリシア科学の精華の大部分を翻訳したフナイン・ブン・イスハークサービト・ブン・クッラをはじめ,アラビア錬金術の祖であるジャービル・ブン・ハイヤーンやアラビア代数学の出発点をつくったフワーリズミー,正確な観測によりルネサンスにいたるまで西欧天文学にも大きな影響をもったバッターニー,さらにはイスラム圏のみならず,中世全体を通じて最大の臨床医家だったラージーなどが,この期に属する代表的な学者である。 第2の〈全イスラム期〉では,かつてアッバース家によって滅ぼされたウマイヤ朝の王族がスペインに逃れて建てた後ウマイヤ朝においてしだいに文化が興隆し,その勢いは東イスラム圏と覇を競うほどになり,さらにエジプトではファーティマ朝が栄え,ここでも大いに科学文化が振興された。…

【ヘルメス思想】より

…なお《ピカトリクス》は12世紀にアラビアで著されたと思われる書物であるが,スペイン語訳やラテン語訳が回読されてヨーロッパでも影響が大きかった。
[伝統]
 ヨーロッパでは11世紀にプセロスが《コルプス・ヘルメティクム》に言及しているので,ひそかに伝えられていたことがわかるが,イスラム圏では,ヘルメス・トリスメギストスを精神的父祖としていたシバ(サバ)人で,初期のアラビア科学者として有名なサービト・ブン・クッラがシリア語で《ヘルメスの教え》を書いてみずからアラビア語に訳した。同様にヘルメスを預言者の一人として扱っていたマニ教を受け継いだイスラム教シーア派はヘルメスをイドリース(旧約聖書のエノク)と同一視し,ズー・アンヌーンによってイスラム神秘主義(スーフィズム)にも影響を与えた。…

【ヘルメス文書】より

…これには別の多くの版や注解が続き,その結果本文書の文化史上における意義は絶大なものとなった。他方,イスラム圏への伝播はシリアを通じてなされ,サービト・ブン・クッラはシリア語で《ヘルメスの教え》を書き,さらにアラビア語訳した。ほかにイスラム神秘主義(スーフィズム)への波及もあったと言われる。…

※「サービト・ブン・クッラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サービト・ブン・クッラの関連キーワードアポロニオス[ペルゲの]

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android